東京都千代田区丸の内1-6-2 新丸の内センタービル5F
03-6206-3211(初診)
東京都新宿区西新宿1-19-6  山手新宿ビル
03-5381-3000(代表)

体外受精について

顕微授精法(ICSI)

顕微授精とは、なるべく形がよく運動性も良好な厳選した精子を、顕微鏡下で細い針(直径0.01㎜)にて吸引し、直接卵子に注入し受精させる方法で、細胞質内精子注入法(ICSI:イクシー)と呼ばれています。
現在、日本全国で出産される体外受精児の約60%はこの顕微授精による妊娠です。

顕微授精は、男性因子により体外受精治療が選択された場合や、採取された卵子の状態が思わしくない場合、また数回の体外受精で受精障害が確認された場合などに適応します。最近では女性が高齢の場合、受精率が高いことから、精子の状態が良好でも顕微授精を希望される方が多くなっています。また、複数個の採卵ができた場合には、念のためいくつかの卵子をICSIしておくことも可能です。

また、当日精子を持参できない場合、事前に精子を凍結し使用することになりますが、凍結精子を使用する場合は所見に関わらずこの顕微授精で行います。なお、精子の所見に関わらず顕微授精を希望される方は、事前にお知らせください。逆に、所見が不良でも顕微授精を望まない方(下記理由などによる)もその旨をお知らせください。

穿刺直前穿刺直前
穿刺時穿刺時

顕微授精を望まない理由とは

現在、顕微授精で最も懸念されていることは、男性因子(男性不妊)の児への遺伝問題です。この遺伝子はまだ全て解明されていませんが、Y染色体上にある精子を形成する遺伝子に問題(欠失)が在るとすれば、この遺伝子の問題が児へ伝播され、出生したお子さまが 「男児」であった場合には、この男児が将来、男性不妊になる可能性があるということです。男性不妊でない場合は心配ありません。また、顕微授精により男性不妊が突発的に起こるということではありませんのでご安心ください。男性不妊でない場合は心配ありません。

胚移植(ET)

受精卵を子宮に戻すことを胚移植といいます。通常は4~8細胞期(採卵2~3日目)に移植を行いますが、実際には患者さまと相談し、その時の受精卵の数と質により決定いたします。胚移植が初めての方、2回目の方は1つの受精卵を移植します。多くの良好な受精卵を同時に移植すれば妊娠率が向上する一方で、多胎の可能性があるからです。余った受精卵(余剰胚)は凍結保存することができます。

また希望に応じて、5~6日間培養を重ね「胚盤胞」まで発育させてから移植することも可能です。これを胚盤胞移植といいます。胚盤胞まで到達した受精卵の着床率は、通常の4~8細胞期の移植に比べ高い事は当然ですが、培養した全ての胚が胚盤胞になるわけではありません。そのため、移植自体が中止になってしまうことも考えられますので、複数個の良好受精卵がある場合のみ実施可能としています。(受精卵の選別を目的に)

  • 余剰胚をどの段階で凍結保存するかについては、移植時に相談し決定いたします。また、移植せず全ての胚を凍結保存される方は、採卵3日後の朝9時ごろに来院いただき決定いたします。また、来院出来ない方は当院医師にお任せください。胚の状態、これまでの治療歴などを考慮し選択、決定いたします。
4分割(採卵2日後)4分割(採卵2日後)
8分割(採卵3日後)8分割(採卵3日後)
胚盤胞(採卵5~6日後)胚盤胞(採卵5~6日後)

スケジュール

  • 移植日当日は30分前からお小水をためた状態で来院
    移植まではお手洗いを我慢してお待ちください。
  • 胚移植
    5分程度で終わり痛みもありません。
  • 移植終了後、すぐに帰宅することも可能です。ご希望の方はお申し出ください。
    翌日以降、過度な運動以外は問題ありません。
  • 新宿院(月・水・金)、丸の内院(火・木)は、夕方でも移植できる時間帯を設けております。どうぞご相談ください。

受精卵(余剰胚)の凍結保存

凍結胚の使用にあたり

複数年の長期保管は可能ですが、毎年の更新手続きがない場合には延長の意思なしと判断し廃棄させていただきます。

1回の体外受精で複数個の受精卵が得られた場合、余剰胚を液体窒素(-196℃)にて凍結し保存することを胚の凍結保存といいます。もし、その周期に妊娠に至らなくても、次周期以降にこの凍結胚を融解し胚移植を行うことで、卵巣刺激や採卵を行わずに胚移植を行うことができるのです。一度凍結した受精卵は複数年の保存ができますので、2人目以降の妊娠まで保存しておくことが可能です。

また、卵巣刺激により卵巣過剰刺激症候群となっている周期には、あえて全胚凍結を行うことで、卵巣過剰刺激症候群の重症化を予防します。この、凍結胚を移植するには、排卵誘発剤を大量に使用する必要はありませんので、肉体的な負担を軽減できるメリットがあるのです。凍結保存による受精卵の影響ですが、その胚を用いた妊娠率が、刺激周期の妊娠率と差が無いことから、妊娠率へのダメージはほとんど無いものと考えます。受精卵の保存には、防犯カメラの設置、室内の施錠、容器にご本人が直接署名するなど可能な限りの対策を講じておりますが、天災などの不慮の事故には対応いたしかねることがございますので、事前にご了承いただいております。

なお、受精卵の凍結保存期間は技術的には数十年可能ですが、毎年更新の手続きをお願いしており、1年後に更新手続きがない場合には、「更新の意思なし」と判断し、自動的に廃棄させていただきます。

凍結融解胚移植について

凍結融解胚移植とは、体外受精や顕微授精でできた胚を凍結しておき採卵した周期とは別の周期に融解し移植する方法のことです。
お預かりしております余剰胚の移植には、自然な排卵のタイミングにあわせて移植する「排卵周期での胚移植」か、ホルモン剤を内服することにより子宮内膜を整える「ホルモンコントロール周期(HRT周期)での胚移植」の2通りの方法があります。特に医師からの指示が無い場合には患者さまの希望が優先されます。

1. 排卵周期での胚移植

通常の場合は、この方法で胚移植を行います。
排卵日=採卵日と考え、凍結した日を計算して凍結胚の融解日を決定します。つまり、凍結が採卵3日後であれば、融解移植日も排卵の3日後という事になります。ただし、月経不順の方で排卵させるのに多くの注射等が必要な方は不向きな場合もあります。なお、その月の排卵が上手くいかなかった(非破裂卵胞)場合は中止となります。

「排卵周期での胚移植」を希望する周期は、排卵予定の数日前(通常は12~14日目前後)にお越しください。半年以上空いている場合には、月経中に一度お越しください。

2. ホルモンコントロール周期(HRC周期)での胚移植

月経開始3日目からホルモン剤を内服することにより好環境の子宮内膜が作られます。結果として、排卵周期での胚移植よりも若干ですが、着床率が上昇します。しかし、内服やホルモン剤貼付など、ご自身で行う作業がやや複雑ですので、初回は排卵周期での胚移植、2回目以降をホルモンコントロール周期(HRC周期)での胚移植を行う場合が多くなっています。

ホルモンコントロール周期(HRC周期)での胚移植を希望する周期は月経1~3日目までに来院ください。

黄体補充(高温期)について

胚移植終了後、高温期には着床環境を整えるために黄体ホルモンの補充(注射と内服)を行います。すべてを注射で補充することもできますが毎日の通院が必要となり負担が増すため、当院では、原則として内服と1~2回程度の注射を行い通院の回数を減らすようにしています。注射の内容および回数はホルモン状態により異なりますので、直接医師より説明させていただきます。卵巣過剰刺激症候群(OHSS)の方は注射により悪化の恐れもありますので診察(エコー)を行いながら調整します。ご安心ください。

妊娠の判定

胚移植後、10~12日目頃行います。週数の計算は採卵日を2週0日として計算し、予定日は40週0日とします。

  • 高温期の注射と妊娠判定(採血)については、採卵した周期のみ体外受精費用に含まれています。

体外受精における流産率と子宮外妊娠

体外受精における妊娠とは、妊娠反応(尿または血液)をもって判断する化学的妊娠と、超音波における胎児の袋(胎嚢)を確認して判断する臨床妊娠をいいます。化学的妊娠を妊娠とすれば、その後の流産率は約17%程度と考えられています。また、体外受精(顕微授精を除く)により出産された児の追跡調査では、通常の妊娠により出生された児と比して、明らかに異常があるとの報告は現在はありません。今後、歴史を重ねることでその詳細は明らかになる事と思われます。

その他、体外受精の子宮外妊娠の発生率は1~3%、正常妊娠と子宮外妊娠の同時妊娠という珍しいケースが0.1~0.3%程度あります。なお、諸種報告によりますと、体外受精妊娠の場合自然妊娠に比べ、胎盤の位置が通常と異なる可能性が若干高まると言われていますが(前置胎盤)、医学的根拠は示されておりません。

妊娠した場合

赤ちゃんを包む袋(胎嚢)が見えるのは妊娠5週目以降で、心拍が確認できるのは妊娠6週中頃からです。
当院では最大で妊娠9週目まで診ることができますが、それ以降はご希望の産院へ転院いただきます。必要な場合にはご紹介状を用意いたします。なお、当院での体外受精で妊娠され、世田谷本院にて出産を希望される方には、分娩に関して割引をご用意しています。

妊娠5週胎嚢 7.0㎜妊娠5週胎嚢 7.0㎜
妊娠6週頭殿長 5.5㎜妊娠6週頭殿長 5.5㎜

体外受精反復不成功におけるオプション

2段階移植法(2-step ET)

2段階移植法とは、採卵2~3日目の4~8細胞期に1度目の移植をします。この時、移植する胚の数は1つです。残りの受精卵は、さらに2~3日間培養を重ね、5日目に2度目の移植を行う方法です。2段階で行うことによるデメリットは、やはり多胎妊娠です。また、受精卵が少ない場合には、2段階移植を行うメリットはないので行えません。この方法は合計で最低2つ以上の胚を移植することになるため、複数回妊娠に至らなかった方のみに可能な方法です。

  • 体外受精費用に含まれておりません。(胚盤胞培養費用、2回目の移植費用が必要です)

アシステッドハッチング(AHA)

アシステッドハッチング(AHA)とは、受精卵の外を囲む膜(透明帯)が厚い場合に、透明帯を薄くすることでより着床を助ける方法をいいます。当院では最新の設備を用いて卵子へのダメージがないレーザーによるAHAを行っています。現時点で危険性の報告は有りませんが、着床時に1つの卵子が分離して、1卵性双胎の発生率が若干上昇する可能性が考えられます。良好胚であっても、何度も着床しないケースや透明帯が厚いケースには、担当医よりAHAの提案をする場合があります。特に凍結後の融解胚移植では有用です。

AHA 前AHA 前
AHA 後AHA 後

誘発剤および採卵に伴う副作用について

体外受精における主な副作用は3点あります。多胎妊娠、採卵による出血・感染、卵巣過剰刺激症候群です。

多胎妊娠は、移植数を1つにすることで防ぐことが可能(1卵性多胎は除く)ですが、万一、双胎になった場合、妊娠経過に大きな危険を伴います。そのため、現在は35歳未満の初回と2回目までの移植は1つの胚の移植という学会規則がありますが、それ以外の場合でも初回は一度に1つの胚移植が好ましいと考えます。双胎の場合、ほとんどが帝王切開での出産となり、また流早産の危険性が上昇し、その率は単胎の10倍近くといわれています。仮に早産で未熟児だった場合、将来に様々な後遺症が残る可能性もあるため、やはり避けたいことです。また現在では新生児センターが不足しています。双胎以上の妊娠になると、紹介できる施設が非常に少なくなることをご承知おきください。しかしながら、複数回妊娠に至らなかった場合、妊娠率の向上を目的に複数個の移植を希望されることは当然です。医師と充分に相談し決定することをおすすめしています。

採卵による副作用は、腸などの臓器損傷、卵巣表面からの出血、感染です。採卵針は非常に細いのですが、やはり穿刺すれば卵巣表面から徐々に出血し縫わなければならない場合がまれにおこります。当院では、過去に4万例以上採卵し、現在までに開腹手術を行った事例は1例のみとなっています。採卵し、帰宅後に過度の痛みが生じ、安静や鎮痛剤でも効果不十分な場合には連絡のうえ、すぐに来院ください。診察の結果、腹腔内に出血が多く認められれば、入院になる場合があります。

卵巣過剰刺激症候群は、排卵誘発剤の副作用で、多く採卵できた場合に採卵数日後に発生します。腹部膨満感、腹痛、無尿等の場合には、きちんと超音波検査等で対応しますのでその場合にはすぐに相談ください。個人差もありますが、目安としまして15こ以上採卵できた場合には起こりやすいといわれています。ただし、当院の採卵の多くは準自然周期法ですので、過剰な採卵数になることはほとんどありません。
まれに少数の採卵でも卵巣過剰刺激症候群になるケースがみうけられます。

産科・婦人科
東京都世田谷区大原1-53-1
診療時間
9:00~12:00 / 14:00~16:00(休診:日曜 /祝日 / 年末年始)
生殖医療科(高度不妊治療・日帰り内視鏡手術)
東京都千代田区丸の内1-6-2
新丸の内センタービル5F
診療時間
8:30〜13:00 / 14:00~16:30(月・水・金・土)
14:00~18:30(火・木)

03-5222-1500

03-6206-3211(初診専用)

東京都新宿区西新宿1-19-6
山手新宿ビル
診療時間
8:30〜12:00 / 14:00〜16:00(火・木・土)
15:00〜19:00(月・水・金)

03-5381-3000

03-5381-2200(初診専用)

お問い合わせ